光こども園

園の特色

自分を信じる力を育てる

子どものありのままを受け止め、生きる源である自信を育みます。

主体的に行動できる力を育む

自ら感じ、考え、行動できる力をさまざまな遊びの体験を通して培います。

コミュニケーション能力を育てる

話す力と聞く力。そして豊かな人間関係の中で社会性を養います。

基本的な生活習慣をつける

一人ひとりの育ちを大切に、健康な体と心を規則正しい生活の中で見につけていきます。

 

+延長保育

保護者の就労時間に応じて対応しています。ご相談ください。

+統合保育

支援が必要なお子さんやその保護者の方が、園において安心して生活を送っていただけるように、毎日の保育の中できめ細やかな配慮のもと、他のお子さんと一緒に生活しながら、集団の中でお子さんの発達を促すことができるように保育する事業を行っています。

+一時預かり(拠点)

未就園児(入園されていないお子さま)を対象に、保護者に疾病、冠婚葬祭、育児リフレッシュ等のさいに、一時的にお預かりします(金沢市の一時預かり拠点園です)。

+病児保育

光こども園の病児保育とは

体調不良時の保育については、『保護者が行なうことを原則としつつ、児童が保育中に微熱を出すなど体調不良となった場合等に、安心かつ安全な体制を確保し、保育所における緊急的な対応等の充実を図ることにより、保護者の子育てと就労の両立を支援する』としております。

 朝、園児が明らかに病気である場合に、保育園で治療するということはできません。看護師は医師の指示なしには注射をしたり、薬を出したりの医療行為はできないからです。園に医師は常駐しません。 朝体調が悪い子は、まず医療機関で受診いただき、医師の許可(所定の連絡票)があり、園でも受け入れが可能と判断した場合には、登園していただいてもいいという体制は従来通りです。

 もし、受診するほどでもないが、体調が悪そうな子の預かりについては、登園前にご連絡の上、その症状や利用時間等をお伝え下さい。園側で受け入れ可能かどうかを判断させていただきます。

 金沢市には、病児保育のできる医療機関もありますので、そこに子どもさんをお預けすることもできます。


 

病児保育の対象

この制度は、保育中子どもさんの体調が急に悪くなったが、保護者の方がすぐには迎えに来られない場合が主な対象です小学校でたとえると保健室です)。

 保育中、熱などが出たときや体調がすぐれないときは、これまで通り保護者の方にその旨を連絡いたします。そして保護者のどなたかのお迎えをお願いし、受診していただきます。しかし、ご都合でどなたもすぐには来られない場合は、園で子どもさんを医務室コーナー等で安静に寝かせ、看護師・保育士がついて看病し、保護者のお迎えを待ちます。 その間子供の病状の変化に的確に対応し、感染防止や衛生管理の徹底を図るとともに、嘱託医等との連携を密にして、医療面での指導、助言を受けるようにします。

 もし病状の変化があった場合は、保護者と連絡を取りながら、受け入れてもらえる医療機関への受診も致します。 いずれにしても子どもさんにとっては、保護者の方といるのが一番の安心ですので、なるべく早いお迎えと受診がよいことには変わりありません。

 以上、何卒ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。 子どもたちが健康で健全にすくすく育ってくれるよう、園と保護者の皆様と協力してやっていきたいと思っております。

+英語教室

世界を広げ、国際社会にはばたく基礎づくりとして、4歳児、5歳児を対象に行っています。

+体育教室

運動能力の向上や、協調性や達成感が持てるようになることを目的として、4歳児、5歳児を対象に行っています。